RESTEX 山梨(SIer)

創意工夫による設計で、課題を解決。
「メカ/制御」のシステム・インテグレータ。

RESTEXのポリシーは「創意工夫」による設計です。
設計とは本来、今まで世になかったものを思い描き、課題を解決すること。
私たちは、システム・インテグレータとして、これまで培ってきたセンサと入出力機器の制御を発展させ、IoT、AI、ロボットなど未来の産業を担う領域へ、革新的な設計で挑んでいます。

設計アプローチ

知識と感性のシナジーによる、
「フロントローディング」アプローチ。

フロントローディング型開発スタイル

RESTEXの強みである「フロントローディング」。
3D-CAD、CAE(各種シミュレーション)を駆使して、開発初期段階で、課題を抽出して解決。
製造工程での負荷を減らし、開発コスト削減やリードタイムの迅速化を実現します。

さらに、設計はロジックだけでなく感性も重視、
知見や経験で磨かれた直感力を活かし、イノベーションを狙います。

課題、問題抽出、構想設計、詳細設計、解決案・分析・創意工夫、製造、試験
ツール&スキル
  • メカ設計 3D-CAD/CAEシミュレーション
  • 回路設計 機器、配線選定、作図/制御盤内レイアウト検討
  • 制御設計 制御プログラム作成/操作表示部作成
  • IT 設計 データ通信/情報処理伝達(IoT)
特許技術

精密恒温制御の新システム考案への取り組み

温度コントロールにおいて、通常は「冷却」「加熱」の2段階の過程を必要とします。レステックスは、これをひとつの熱交換器でできるシステムを考案しました。
また、冷却(または加熱)熱量の変動には、EXP.Vの動作や圧縮機のインバータ制御など冷媒量の変化による容量制御が主流です。
弊社は冷媒の液⇔ガス状態変化時における冷媒温度と冷媒圧力の変化に着目し、温調コイル内の冷媒圧力を変化させることで、精密な恒温安定制御を実現するシステムを考案し、特許を取得しました。

特許技術
Copyright © 2022 RESTEX Corporation. All Rights Reserved.